[PR] ブログ解析 école d'innocence 写真 école d'innocence 写真 忍者ブログ



綺麗に加工出来ているか心配ですが、アップしてみます^^
初夏になりつつある今の季節が一番好きです
雨上がりの空気中のダストが一掃されてクリアな視界になっているような
梅雨前、梅雨明けのこの二か月が一年で一番好きです






PR
 

GW近くなると楽しみの一つの花である、藤です
近所に咲いていたので写真をとってきました^^

バスの中からも、ちらほらと山藤が咲いているのをみかけると、
なぜかとても嬉しくなります

花の造形がまず美しいし、垂れ下がる花弁や、その色合いもとても好きです
風にそよぐ姿がまたなんとも美しく、
つる科の植物はわりと好きですが、藤はその中でもかなり好きです
自然に周りの風景となじんでいるのを見るのがまた好きで、
藤棚も、手入れがきちんとされていて、それはそれで美しいのですが、
道すがら、ひょっこり顔をのぞかせるような、自然に生えている藤もまた、
季節を感じさせてくれて、「ああ、この季節になったのだなあ」と
懐かしさすら覚えます

着物の柄にも多用されていて、
流れるようなその姿が、女性らしく、
紫の色がまた自然の花の中では割と珍しい色だと思っています
つるがからまるように群生しているのを見ると、一層豪華で、
動きやリズムがあるのが、見ていて飽きないです^^

ちょうど見ごろの藤を撮れて満足しています(*^-^*)

花の盛りは一瞬ですから…


タイトル
通り、去年行った海の写真です
ストレスが溜まったり、疲れがたまったり、
泣きたくなったり、悲しくなったりすると、海が見たくなります

私は川の多い県に住んでいますが、今の自宅の周りには、川が少なく、
水辺があまりないので、こういう大きな水たまり(海)を見たくなります

海風、汐風にさらされると、自分の中の悲しい感情などが洗われ、
ひとしきり激しい風に体を向けていると、
汐風がそれらを取り払ってくれるように感じます

あと、やはり海の色はとても清々しいですね
青は私もとても好きな色です
青といえば、日本画家の平山郁夫のイメージが少し強いです
緑は、東山魁夷かな?
岩絵の具の原料は、鉱物や天然の素材のものが多く、
故に画材が高額になることもあるみたいで、
指定文化財にされるようなものもあるみたいです
そういうものは、インクや絵具と違って、
色自体が鉱物独特の輝きがあり、風化されにくいように感じます
確か、兼六園の
成巽閣の天井に、ラピスラズリ?
だったかうろ覚えですが、鉱物を使って彩ってある部屋があり、
古きを感じさせない、色あせない美しい深い青に、感動した記憶があります
TVで見ただけなんですが^^;

黒、という色は、
心理学的なイメージがあまり良くないように思えますが、
絵を描く側としては、全てを含む色、光を描きやすいという意味で
割と好きな色です。
光を描くには影を描く、と教わってきたのが影響しているかもしれません
影が深ければ光もまた輝く、ということなのでしょうか

私が絵を描くのに表現するのに一番難しいと感じるのは白です
背景などの色合のかねあいもありますが、
基本的に白のキャンバスに白を描く、ということは
かなりの難しいな~~

白を効果的に使うには、やはり濃色を使うのが一番手っ取り早いというか、
効果的というか…

私は普段はあまり黒を使わないようにしているつもりですが、
今回の某掲示板のVSは、「黒」を一つのテーマにしてみたつもりでした。
それで「異世界」チームに参戦したからです
「黒」という色は、女性は女性らしく、男性は男性らしく、
スマートでキレがあるという私のイメージが、表現できていたらいいなと思っています

色にまつわる話を始めると、長くなりそうです~~~~^^;
それぞれの色にその時の自分の感情を投影できるのが、
絵を描く、ということの醍醐味ではないかな、と勝手に感じています

話があちこちしましたが、
「海」見に行きたいな~~



暖かくなりましたね
桜の写真は少ないけど、ちょっとアップしてみました。
バラは、やはり雨上がりに写すのが一番美しいと思います
バラ園もそうで、小雨の降る中花の盛りに行ったとき、
湿った空気にバラの香りが一面に漂っていて、それはそれは幻想的な、
いつもと違う庭園、秘密の庭、という雰囲気がして、とても美しかったです
バラの花びらに滴があるのがまた、涙のようで、
いっそう美しいなと思っています。
花の涙、っていうと、なんだかとてもファンタジー^^
今年も行けるかな~~今から楽しみです^^

  春らしくなってきたと思ったら、今日は雷雨でした
雨が降るたびに温かくなっていくのでしょうか
ちょっと肌寒い今日はこんな色合いの気分です^^;

左側は、とある庭園のモネの庭から移植された睡蓮の写真を加工してみたものです
これ現像したいのですが、加工しすぎてデータが軽くなってしまい、
webでしか見れないと言う^^;
自分では割と気に入った出来上がりになっているかな~

二枚目も同じような色合いのものになりました
私はこういう色合いが基本的に好みなんだと思います
ラベンダーぽい、そこら辺のグラデが特に好きです

色補正してみましたが、これも似たような色合いですね
色鉛筆だと肌色が一本しかないのがあれだなあ
やっぱり肌色は最低5色はないと、なかなか難しいのだと思いました
これはミュシャの塗り絵ですが、確かガーネット?だったかな?
宝石シリーズの一枚だったような気がします

紫は個人的に使いやすい色だなと思います
身につける小物とかも、割と多いかな、
セーターなんかも差し色で持っている色です

今年の春は嵐から始まりました
春の嵐ですかねえ
早く穏やかな春の光を浴びたいです




カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 20 21
23 24 25 26 27 28
29 30 31
メールフォーム
Powered by SHINOBI.JP
最新CM
[07/27 まな]
[07/23 まな]
[01/19 yuki]
[01/18 すだれ]
[01/11 yuki]
プロフィール
HN:
yuki
性別:
女性
自己紹介:
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
"yuki" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.